Read Article

ちいさいひとから見る、児童虐待の現実

ちいさいひとから見る、児童虐待の現実

新聞やテレビのニュースで、子どもが犠牲になる痛ましい事件が報道されます。

良く耳にしますが、児童虐待とはいったいどんなことなんでしょうか。また、どれだけの子どもが犠牲になっているんでしょうか。

とても悲しい現実ですが、だからこそ目をそむけずに知っておきましょう。

>> ちいさいひと 青葉児童相談所物語を無料試し読みする

児童虐待とは?

ちいさいひとの中でも取り上げられていますが、児童虐待は大きく分けて4つに分類されます。もちろん、いくつかの虐待が複合的に行われることもあります。

身体的虐待

殴る、蹴る、投げ落とす、火傷を負わせる、溺れさせるなど。

心理的虐待

言葉による脅し、無視、兄弟間の差別的扱い、子どもの前でのDV(ドメスティックバイオレンス)など。

ネグレクト

育児放棄の意味、家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にする、暑い日に車内に子どもを置いたままパチンコにでかけるなど。

性的虐待

性的行為の強要、児童ポルノの被写体にするなど。

虐待死の現実

6日に1人が死んでいる

厚生労働省の社会保障審議会児童部会の検証専門委員会の調査では、平成15年7月~平成22年3月までの6年9カ月間に、虐待で386人の子どもが死んでいます。つまり、6日に1人の子どもが命を失っているのが現実です。

児童虐待への対応件数

20年前に比べ50倍に増加

平成22年度に全国の児童相談所が対応した児童虐待相談は55,152件。統計データがある平成2年度の1,101件と比べると、50倍。児童虐待防止法が施行された平成12年度の17,725件と比べても3倍に増えています。

出典:【漫画】ちいさいひと第一巻

【スマホ漫画】ちいさいひと 青葉児童相談所物語は、1巻の最初の部分を無料で立ち読みすることができます。

>> ちいさいひと 青葉児童相談所物語を無料試し読みする

Return Top